FREE CELL

最初は、誘ってる?そう思った・・・

表紙を見た限りでは、そっちの世界へ誘ってる感じがした。

でも、中を開けたらそうじゃなかった。

そっちの世界と、こっちの世界・・・

あまりにも違いすぎる・・・この距離感が悲しくなる・・・

隣の女性が、目で訴えている・・・

「こっち見ないで、邪魔しないで!」

私には、そう聞こえた。冷たい目だった・・・

そして、自分のカバンを頭に被る。

カバンってプライベートが詰まってるよね?

誰にも見せたくないって事?

ますます違う世界が広がって、距離感が縮まらない。

そして、何処を捜しても、彼に笑顔はなかった・・・

どういう意味なんだろうか?何が言いたかったんだろうか?

私にはコンセプトが全然伝わりませんでした。

画としては、素敵な感じなのかもしれない。

でも、どこか冷たい感じがするのは、何故???

やはり、そちらの光輝く世界には、飛び込んで行けないって事なのかな?

亀梨和也・・・手の届かない存在である事は、わかってる。

少しでも身近に感じていたかった・・・ただそれだけ・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。