きっかけは・・・

亀梨和也に出逢ったのは、ごくせん・・・

以前から知っていたハズなのに、ナゼか気付かなかった。

どうしてなんだろうか?

まだ、好きになってはいけなかった時期だった?

でも、ごくせんにしても、まだ彼は10代だった・・・

その壁は、大きく私の前に立ちはだかり、どんどん危険なものに見えてきた。

そして、前へ進む事が出来なかった・・・

危険な壁・・・それは年齢の差・・・

私って異常?おかしいの?誰かに聞きたくなった。

でも、聞けなかった。聞けるはずもなく、ただ彼を見ているだけだった。

その頃、私は病院のベットの中にいて・・・

そう、手術のため入院していました。

どんなにか、心細かったか・・・今、思い出すだけでも辛いです。

腫瘍は私の体を蝕んでいました・・・

手術をしなければ、助からない・・・そんな状況の中で

心の支えになっていたのは、亀梨和也・・・

恥ずかしくも、まだ10代の彼に癒されていたのは事実!

消灯時間を過ぎているにも、かかわらず

毎週、ごくせんをベットの中で見ていました・・・

入院していたのは、3週間・・・その間彼を見る事だけが楽しみで♪

辛い闘病生活も彼のおかげで、どんなに心和ませられたか・・・

だから、余計に気持ちが入り込んでしまうんです。

異常なほど、彼を想ってしまうんです・・・

おかしいですか?

もちろん、年齢という壁は縮まる事なく、想う気持ちと裏腹に、壁は大きくなるばかり・・・

そんな気持ちで何年過ごしたでしょう?

ずっと、ずっと1人で悩んでいました。

今も、もしかしたらその壁が

目の前に大きく立ちはだかっているのかもしれません。

でも、今の私にはその壁が見えないのです。

以前とは違う私がいる事は確か。

それは、勇気。

ほんの少し前へ進む勇気があれば、壁は越えられずとも見えなくなる。

1人では当然成し得なかった勇気・・・

そうです。お友達が出来たからこそ、前へ進む勇気が湧いたのです。

それは、私の宝物でもあります。勇気=お友達。

大事な大事な宝物です。

これからは、1人じゃなくみんなと一緒に進んで行ける。

それだけで、幸せなんだなぁ~と感じます。

きっかけは、お友達からもらった勇気。

それこそが、亀梨和也への愛の源・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。