一筋の光

  • 2008.04.28 15:27
  • Cat:radio
亀梨和也2時間生ラジオ。生放送で番組タイトルを決めるという企画。

そして、彼と生でお話しが出来る・・・

そんな素晴らしい企画に、メールしないはずがない!

さっそく送ってみたが、あえなく撃沈・・・

番組では、ナゼか若い子ばかり選んでいるかのようだった。

でも、ひとりアダルトな方が登場し、どこか聞き覚えのある感じがしたので

確かめると、お友達だった!!!いや、かなりの衝撃でした!!

私は自分の事のように喜んだ。

嫉妬する人もいるかもしれない。羨ましいと嘆く人もいるかもしれない。

でも、私は単純に嬉しかった。ほんとに嬉しくて感激してしまいました。

そのお友達が、私たちにもチャンスがあるんだという事を教えてくれたような気がする。

沢山の若い子たちの中で、頑張ってる彼女に感銘を受けた。

頑なに歳を言わない彼女・・・しつこく歳を聞いてくる彼・・・

そのやり取りを聞いていて、自分だったらどうするんだろう?

勝手な想像をしてみたり、妄想してみたり・・・

今回若い子が多かったのは、彼がはじめてで緊張してる事もあり

自分より年下の方が話しやすいと考慮したんじゃないかと思う。

私はそう思いたい。

頑張った彼女はほんとにラッキーだった!

私たちにもチャンスが巡って来ることがあるんだな~と

とても、身近に感じられるラジオでした。

話している彼も、とても気さくでまるでお友達のように話しかけてくる。

みんなに対しても、下の名前を呼び捨てにし親近感を持たせた。

そんな彼の気持ちがたまらなく嬉しい。

こんなに素晴らしい企画をありがとう。そして暖かい言葉をありがとう。

また、こんな機会があったら今度こそ、という気持ちで頑張りたいと思います。

夢を見るのは私達。そして夢を見させてくれるのは彼・・・

永遠に夢を追い続けるかもしれないけど、現実になる日を信じて何事にもトライします。

勇気をくれたお友達にもありがとう。そしておめでとう!