FREECELL

FREECELL発売日にちゃんと届きました♪


このアップがたまらにゃいっ
ホクロ数えちゃったわ(苦笑)
FREECELL9.jpg

”舌”お勧めショットと聞いていただけに(萌)
FC02.jpg

総力特集『妖怪人間ベム』ということなんですけど、
これDREAM BOYS中にインタビューしたんでしょうか?
これから出る雑誌もすごいことになってますけど、
それだけ取材も受けるってことだから、
すごいスケジュールなんでしょうね

で、最初に気になったのが、
谷のメディアから~っていうところ!
デジタル時代に突入して、紙媒体も厳しい状況なんですよね。
そんな中で、逆転の発想で作ったというFREECELL。
谷には谷なりのおもしろさがあると私は思います!
紙メディアでしか伝わらない言葉もたくさんあると思います!
きっと、谷に咲く花を見に行こうという方も
絶対いると思いますよ。

このFREECELLが
たくさんの花を咲かせてくれるといいですよね♪



◆亀梨和也

―第一話の「目の前に助けるべき人間がいるのに見捨てる事は出来ない。
 そんなことをしたら、それこそ俺はただの妖怪になってしまう」
 っていうセリフがすごくいいなと思いました。

「そのセリフは僕もグッときていて、河野さんとも話したんです。
 決め台詞ではないですが、これがベムのすべてだから、と。
 でも、キザにいうのではなくて、ごく自然にそのワードが
 出てくるように言えるといいというか・・・
 僕が演じるベムセリフが少ない分、そのひと言に重さをすごく感じています。
 一字一句大事にしたいです」


―実際にオンエアされたとき、どんなリアクションが来たら嬉しいですか?
「きっと最初は特殊メイクやCGがすごいので、
 見た目からいろんな反響が来ると思うんです。
 でも、自分たちが作り上げた”妖怪人間ベム”なので、そこは揺るがずに
 僕ら自身で作り続けなければいけないと思います・・・
 最終的にこれって人間の汚い部分までちゃんと描いていて、 
 それでも人間が好きだって言えるヒューマンドラマだと思うんです。」


まだ始まってないのに、
一緒に作っていく周りの人たちを信用してるからこそ
こういう言葉が出てくるんだと思う。
どんな状況下でも、”揺るがずに”
芯がしっかり出来ているんでしょうね。
セリフの重みも感じながら、
亀ちゃんでしか出来ないベムを期待してます♪

◆西田征史(脚本)

―亀梨さんも重要だと言っていた第一話のセリフについて・・・
「今回はなぜベムたちが戦うのかということを、わかりやすくするために、
 このセリフを入れたんです。ベム自身の気持ちが保たれると思うんです。」

―震災があった上でこのセリフを聞くと、
 世の中に響く度合いも違ってくるのではないかと思います。

「震災後『妖怪人間ベム』をやるかどうか会議があったんです・・・
 人間でない人が”人間ってやっぱりいいな”と思えるという設定を貫けられれば、
 妖怪の立場を借りつつ人間が明日生きてく糧になるドラマになるんじゃないかと。」

―亀梨さんが、こどもは最初ベムを恐いなと思うんだけど、
 回が進むたびにハマって好きになってくれてるといいなとおっしゃってました。

「うわぁ、本当ですか!?まさにそうです。気持ち悪いというか、怖い印象が最初にあって、
 でも彼らを見ていくと一生懸命生きていて。
 彼らがどのくらい傷付いているかを毎週見せていくと、
 本当に人を見た目で判断しちゃだめなんだなということとか、
 言葉じゃなくても伝わるかなと。」


すっごい深いよね~
言葉じゃなくて、自分自身で感じることが出来る。
そんなドラマになるといいですよね。
きっと、多くの人に伝わると思いますよ。

私は原作ファンでもありますが、
原作でも最初は
オドロオドロしてるところに目がいってしまってましたが、
何度も見てるうちに、
妖怪とか人間とかじゃなくて、
汚い部分も温かい部分も、
心が見えてくるような作品だったと記憶してます。
今、再放送してますが、
何度見ても、やっぱり感じることは同じ。
子供目線と大人目線と違うと思いますが
芯となるものは同じだと思います。
原作の最終回は悲しいものになってますけど、
ドラマではどうなるんでしょうね?
そちらも楽しみにしたいと思います!


◆河野英裕(プロデューサー)

―ベムの理想の着地点ってどんなところですか?
「自分が本当におもしろいものを作れたことが、最大の着地点だと思います・・・
 それと亀梨くんが違う次元にいってくれればいいなと思います。
 彼の持ってるポテンシャルは絶対に高いと思いますし、
 『野ブタ。』からずっと彼を見ていて愛情もありますし、
 彼が役者としてひとつ上の違うステージにいってくれることが僕の目標でもあります。」


こんなに亀ちゃんのことを
わかってくださってる方がいてうれしいです♪
私の思っていたことを、そのまま代弁してくれてる(苦笑)
一緒に仕事すると、また次の機会にも、、、
そんなふうに思わせる亀ちゃんの魅力って
やっぱり努力の賜物なんだと思うわ!
それこそ、見た目で判断してほしくないのは
亀梨和也自身で、ほんとの彼を知らない人が多い。
だから、ここで役者としてステップアップできたらいいなって
私も心底思いますもん!!!

ドラマに関しては、数字が大事なのかもしれない。
でも、河野さんが手がけた作品には
感じるものがたくさんありました。
河野さん自身も言ってますが
「視聴率よりも内容ではないかと思ってます」
この言葉で、安心してこのドラマを見れるような気がしました(苦笑)
今まで胃が痛くなるほど気になってましたから、、、




◆Amazon

FREECELL vol.8 亀梨和也、杏、鈴木福、西田征史、河野英裕P「妖怪人間ベム」表紙巻頭総力特集号 62484‐04



※ランキング参加中!想いよ、届け~♪

ジャニーズブログランキング


2011年DREAM BOYSのDVD化要望はこちらへ




各アーティストの活動についてのご要望やリクエストについては、
ジャニーズファミリークラブへご郵送ください。

あて先:〒150-8550 東京都渋谷区渋谷1-10-10 ミヤマスタワーB1F
ジャニーズファミリークラブ 「要望」 係




Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。