10/22産経新聞&MAQUIA

10/22付の産経新聞に
妖怪人間ベムの記事が掲載されてました♪
1022-1産経新聞

も~びっくりです!!!
産経ですからね、広告はフジドラマばっかりだもん

番組欄の解説
『人間の優しさに触れ涙し、同じ人間に拒絶され涙する。
 善悪いずれも併せ持つ人間の本性を見てもなお、
 人間になりたいと願う3人に哀愁を感じる・・・』


まさに、そのとおりで、
この哀愁こそが
ホンモノの人間よりも心に響くんですよ!

夏目ちゃんの優しさに触れ、
自分でもわからない感情のまま涙したベム。
なのに、
あの銃を向けられたときの心情を考えると切なくなる。
その上、発砲されたときには
もう震えが止まらなくなったよ。
そして、あの叫び声に心から泣いた。
・゜゜・(/□\*)・゜゜・わ~ん

一番考えさせられたのが、このセリフ
ベラ:何が正義で、何が悪かなんて、
  誰にも決められやしないじゃないか。
ベム:だが、助けを必要としている人間を
  見過ごすことは出来ない。
  でなければ、俺たちはただの妖怪になってしまう。


なんかジーンと来るのよね。
心に沁みるのよね。
こんな心に残るようなシーンが
まだまだこれからも出てくるんじゃないかな?
まるで、言葉の玉手箱のようだねぇ~
ますます楽しみになるよ♪


そして、エンタメ欄には制作会見の模様が掲載♪
1022-2産経新聞

「最近はベムでいる時間の方が長く、
 亀梨でいる方が違和感がある。心は妖怪です」


身も心も妖怪になりきってますね!
さすがベム梨さん(笑)

原作ファンに対しては
「(プレッシャー)はもちろん感じるが、
 ぶれずにやれば、原作ファンにも、初めての方にも
 楽しんでもらえる作品になるのでは」


はい!私もめちゃくちゃ原作ファンの1人なんです!
この私が見てこんなに興奮してるのだから
このドラマの完成度は高い!と思います。

アニメの基本を残しつつ、
昭和臭いんだけど、現代風なアレンジが効いていて、
たまにパンチやジャブが入ってくる。
どの場面においても、鳥肌ものですよ~
最後に残る切なさが、たまらない。

1度見ただけで、
すごくいろんな楽しみ方が出来る作品だなって。

ドラマの感想とか、
ツイッターでも好評で、
ヲタだけではなく、
一般の方たちにも受け入れられてるかもしれないっ!?

多分、初回は数字的にも大丈夫だと思うんですが、
2話以降が勝負だと思うので、
これからどんどん盛り上がってこ

ベムのおかげで、
他のドラマ見る気しなくちゃっちゃった(苦笑)
てか、毎日リピしてたら
他のドラマ見る時間もないし!!!うおっ( ̄* ̄)



≪MAQUIA≫

オシャレ男子な亀梨さん!
M-4.jpg

とても妖怪とは無縁な感じよね~(苦笑)
この切り替えがすごいと思う!
さすがプロヽ(>▽<)/

「辛口なスタイルのほうが好きだけど、それは洋服だけの問題じゃない。
 ふりふりのワンピースは、女を押し出し過ぎている気もするし、
 着ている人がみんな似ているように見えるのが苦手なんだと思う。
 オレはもっと『その人自身』が見たいのに、
 洋服というデコレーションで内面を覆い隠し過ぎだろうって思っちゃうの。
 年齢を重ねるほどに内面勝負だし、
 内面がともなわなければ、どれだけ高級な洋服を買っても着こなせない」


そう!見た目も大事かもしれないけど、
内面的なものが表に出てるような、
そういう着こなしがいいんじゃないかな?

亀ちゃんもそうだよね!
中身が伴ってるから、どんな服を着ても輝いてるんだよ



◆Amazon

BIRTH【初回限定盤1】

BIRTH【初回限定盤2】

BIRTH【通常盤】

FREECELL vol.8 亀梨和也、杏、鈴木福、西田征史、河野英裕P「妖怪人間ベム」表紙巻頭総力特集号 62484‐04



※ランキング参加中!想いよ、届け~♪

ジャニーズブログランキング


Comment

Comment Form
公開設定