+act.mini&BIRTH収録曲

≪+act.mini≫

前号同様、読み応えあり!
しかも、ベム梨さんがステキすぎます


このビジュアルになるのに、
いろいろ話合い、
周りとコミュケーションを取りながら
キャラクターを作り上げたんだね。

「原作を愛している人たちに対して、
 いかにアプローチ出来るか?」


原作とは違うビジュアルにしたのには理由があるんだろうし、
亀梨和也だからこその新しいスタイルのベムなんだと思う。
いい意味で裏切ってくれてて
原作とはまた違う楽しみ方が出来ると思う。
これはアニメじゃなく、ドラマだから。
私は原作のファンでもあるけど、
違和感なく入り込めた。
決して、亀だからっていうことではなくて、、、
原作の基本を残しつつ、
新しい世界を作り出してくれてるのが良いと思う。

亀に関して言えば、
Going!Sports&Newsで経験してきたことが
すごくプラスになってると思う。
取材される側と、する側と、
両方の体験が出来たおかげで、
よりいっそう客観的に自分を見れることが出来たんだと思う。
それが、ドラマの現場でも生かされてるんですよね。

びっくりしたのが、
自分のしてることが正しいって思いながらやってことがないという。

「基本、自信ないから。もうね・・・
 小ちゃいですよ(笑)」


オレ亀梨的な自信は、かっこよく見てもらいたいがため?
なんか可愛い一面がまた見れて嬉しくなるよ~
亀ってそのときそのときで、
すごく旬な見せ方をすると思うんですよ。
それは、ひらめき型の人間だからかな?
だから、いつも輝いていられるんだと思う。
その瞬間瞬間を生きてるって感じがするよね~

そして、このドラマの良いところは
コミニュケーションを取りながらの撮影ということで、
みんなで作り上げてる感じがいいよね!

「やっぱり伝え合うことでいろんな枝葉を出すことが出来ると思うし、
 そこにいろんな実がついたほうが面白いと思うから。
 そういう作業を、とにかくこの作品については
 細かくやっていきたいなと思いますね」


この手作り感がいい作用してるのかもしれないね。
みんなで作ってるって感じ。

「任せるところはプロに任せて、
 自分は自分の仕事を全うしようっていう感じ」


こんなふうに言ってる亀ちゃん!
それはもう、
話があった3年前から、すでに動き出していたんだと思う。
改めて運命を感じる作品なんだってことがよくわかる。
ベム役が、亀梨和也でなければならなかった理由。
ドラマを見てなんとなく直感した。
ベム役が亀梨和也なのではなくて、
亀梨和也という題材にして、ベム役が適任だったということ。
かな・・・?


※BIRTHの収録曲が決定しましたね~♪
 ↓通常盤の4曲はこちらです
 1. BIRTH
 2. STAR RIDER
 3. ACT ON EMOTION
 4. BABY B MINE

早く音源を聴きたいなぁ~♪
PVも気になるねヽ(>▽<)/

⇒ J-storm






◆Amazon

BIRTH【初回限定盤1】

BIRTH【初回限定盤2】

BIRTH【通常盤】

FREECELL vol.8 亀梨和也、杏、鈴木福、西田征史、河野英裕P「妖怪人間ベム」表紙巻頭総力特集号 62484‐04

+act. Mini (プラスアクトミニ) vol.15 (+act. 2011年 12月号 増刊)

日本テレビ系土曜ドラマ「妖怪人間ベム」オリジナル・サウンドトラック



※ランキング参加中!想いよ、届け~♪

ジャニーズブログランキング



Comment

Comment Form
公開設定