スッキリで亀コメント

スッキリ冒頭からKAT-TUN、、、
ちょっとびっくりした。
ZIP!終わってスタジオ移動してる亀ちゃんがワイプに映る。
そして、自分自身の映像コメント見てる。
なんか痛かったよ(゜ーÅ)ホロリ
こんなことやめて~って思った。
でも、違う。

亀ちゃんは、
自分の気持ち伝えるために出て来たんだと思う。

「僕等、何人になろうと・・・
 これ以上こういうことは絶対に起きないようにしなくちゃいけないと思いますし、
 KAT-TUNとしてスタートしたので何としても
 このKAT-TUNというグループを守っていきたいと思いますし、
 応援して下さるファンの方たちもたくさんいるので、
 やはりその方たちの想いというものも、しっかりと受け止めて
 良い方向にもっていかなきゃいけないという責任も感じています」


1つ1つ丁寧に真摯に受け答えする亀ちゃんの姿を見て
胸が熱くなりました。
きちんと気持ちを伝えるって大事なこと。
亀ちゃんが自ら伝えたかったのだと思う。

聖に関しても、
自業自得かもしれないけど、
聖が一番しんどい状況にあるので、温かく見守ってほしいって。
なんかジーンとくるわ!
自分たちのことだけじゃなく、
ちゃんと聖のこともフォローしてくれてるメンバー愛だね!!!

解除が決まったあとも、
5人で集まって何時間も話をしたと、、、
KAT-TUNの想いは変らないし、聖の想いも聞いた。
最後にしっかりケジメをつけてきたんだということ。
なんかもう涙が止まらなくなって来たよ(TωT)

KAT-TUNへの想い、、、
「(KAT-TUN結成時)当時の気持ちと一緒で、
 このグループで大きくなっていくんだ。という想いの中
 今後もやらさせていただきたいと思います」


・゜゜・(/□\*)・゜゜・わ~ん
もう号泣したよ、、、

加藤さんも、
亀梨くんえらい、すごい。
出てこなくてもいいのに嫌だって言ってもいいのに。って
でも、この言葉を聞いて納得したと言ってくれてました。
テリーさんも、聖のこと考えてくれてて、
聖もKAT-TUNも応援していくって。

何も言葉がないままより、
きちんと亀ちゃんの口から気持ち聞けることが出来てよかった。
これで前に進めるもの、、、
しっかり自分の言葉で伝えてくれてありがとう。

そして最後のファンへのメッセージで泣いた。

「たくさんの様々な想いをさせてしまってることを、
 本当に申し訳なく思っていますし、すみません。
 今後引き続き、田口淳之介、上田竜也、中丸雄一、ボク亀梨和也。
 この4人でKAT-TUNとして、
 前を向いてしっかりと進んでいきたいと思いますので、
 ファンのみなさんとも出来るだけ多く
 一緒の時間を共有できるような活動をしていきたいと思っています。
 引き続き温かいご声援の程よろしくお願いします」


なんだか、ところどころ声が震えていたよね?
今にも泣き出しそうな声だった。


・゜゜・(/□\*)・゜゜・わ~ん
亀ちゃんの出演、そして自らのコメント。
その言葉を聞いて、しばらく涙が止まらなかった、、、

亀ちゃんってすごいなってつくづく思う。
こんなにしっかりと自分の言葉で伝えるってなかなか出来ないと思うよ。
これが亀梨和也なんだなって、
こういう亀ちゃんだから好きになったんだなって。
ほんとに大好きだよ♪もっともっと好きになったよ!!!

亀ちゃんの想い、KAT-TUNの想いはしっかり受け止めたよ。
これからも、ずっとずっとKAT-TUNを応援していきます!!!
亀ちゃんありがとう!!!




もうこれだけ頑張ったのに、まだまだ番宣あるね(苦笑)
今日は気持ち切り替えて、青くんの笑顔に癒されますね♪




サヨナラ☆ありがとう(初回限定盤)(DVD付)
サヨナラ☆ありがとう(通常盤)
【"どこに出てた?!『俺俺』レアマーク・クリップ(アマゾンオリジナルカラー)"付き】「俺俺」初回限定版(完全限定生産) [Blu-ray]
【"どこに出てた?!『俺俺』レアマーク・クリップ(アマゾンオリジナルカラー)"付き】「俺俺」初回限定版(完全限定生産) [DVD]
俺俺 ブルーレイ通常版 [Blu-ray]
俺俺 DVD通常版
Suits DIME for WOMAN(スーツ ダイム フォーウーマン)2013年11月号
Hanako (ハナコ) 2013年 10/24号 [雑誌]
FINEBOYS (ファインボーイズ) 2013年 11月号 [雑誌]
ピクトアップ 2013年 12月号 [雑誌]
ACTOR'S FACE vol.2
読む野球-9回勝負- NO.2 (主婦の友生活シリーズ)
+act. Mini (プラスアクトミニ) vol.23 (+act. 2013年 12月号 増刊)
   

※ランキング参加中!想いよ、届け~♪
ジャニーズブログランキング




Comment

雑誌などで亀梨君の非常に高水準な精神をほうふつとさせる記事を読んでいると
これ本当に亀梨君が全部話しているのだろうかと思うことがあります
それだけ彼の考え方や気持ちのあり方は成熟していて高尚な印象なのですが
このように生放送でかくも難しい局面で話しているのを聞いても同じ印象を持つので
雑誌の記事も百パーセント彼の言葉から起こされた文字なのだと納得します
今までも何度もKAT-TUNに何かあるたびに亀梨君がこうして矢面に立ってきましたが
今回はさすがに亀梨君の心もまだ動揺を隠しきれないみたいで
スッキリは見ていてつらかったです
けれどスッキリで亀梨君の口から経緯を説明してくれたのは良かったです
正直に言えばもう解散してしまった方がメンバー皆にとってもいいのかもと思ったりしたのですが
亀梨君が今も変わらずグループとしての活動を選択しグループとして大きくなっていくことを望んでいるのなら
KAT-TUNを変わらず応援していこうと再認識できました

*****コメレスです*****


★ひすいさんへ
気持ちを伝えるって大事なことだよね。
5人でケジメをつけてきたってことをハイフンにも伝えたかったんだと思う。
自分の気持ちを自分の口から伝えたかったんだと思う。
生放送なのに堂々としていてかっこよかったよ。
これが亀梨和也なんだなって惚れ直したわ!!!
いつも前に出てくるのは亀ちゃんだけど、
自分が伝える側にいるということもちゃんとわかってる。
修二と彰でCD出してしまったときも、
基本はKAT-TUNだからってずっと言い続けて来て、
彼の中にはKAT-TUNという存在が大きいんだと思うよ。
だから、KAT-TUNを守っていくのが自分の責任だと思ってるんだろうね?
今日は、立派な行動だったと褒めてあげたいです♪


Comment Form
公開設定